長時間でも疲れにくい音

先日テレビを少し大きいものに買い換えました。せっかく買い換えるのならと思い、既存で使用しているレコーダーと同じメーカーに統一することにしました。リモコンも少なくなりますし、互換性の面でも便利になります。新しい画面での番組視聴や映画などを楽しんでいたのですが、しばらくしてから気が付きました。以前使っていたテレビの時よりも疲れやすく、集中できないのです。最初は画面が大きくなったことに目が慣れていないのかなと思ったのですが、目はあまり疲れていない様子で耳からくる疲労だということがわかってきました。どうやら新調したテレビのほうが以前のものよりも高音がきつく聞こえることが原因のようです。俗にいう、「ハイが痛い」という状態です。高音がクリアだと、聴きやすさはありますが疲れやすくなり耳や頭が痛くなってくることは多く良いスピーカーやイヤフォンなどにこだわる方が多いのもこれが大きな理由のひとつです。せっかくの映画やスポーツ観戦も音がイマイチだと楽しみも半減してしまうので、テレビに接続するスピーカーを購入しました。低音に定評のあるスピーカーを選び、テレビボードに設置したところ音は劇的に良くなりました。最近では小型で良音のものがあるので助かります。BGMなども格段に良くなり、劇場のような空間とまではいかないが、家での楽しみが増えました。